フリマアプリビジネスの教科書

フリマアプリビジネスで稼ぐ為に必要な情報を発信しています。

「メルカリは売れない。。」と嘆いている人必見!メルカリで稼いでいる人はコメント対応も取引連絡もしない3つの理由

f:id:EC-Consulting:20190816235452j:plain

こんにちは!

今回はメルカリで売れている人はコメント対応も取引対応もしない理由についてお話しします。

 

これを見ている方のほとんとが、メルカリで販売している商品にコメントが入った場合は対応しているはずです。

 

でも正直な所「コメント対応面倒臭いな。。」って感じていませんか?

おそらくほとんどの方がそう思っているはずです。

 

しかしそんな顧客第一主義の皆さんを横目にメルカリのパワーセラーさんのほとんどがコメント対応をしていません。

 

「そんな事あり得るの?」と思う方も多いと思いますが本当なんです。

しかも売れた後も不要な取引連絡は一切しません。

 

「そんなのでクレーム来ないの?」と疑問に思うでしょう。

これがこないんです、正確にはこないように自分なりに取引の流れをテンプレート化しているという事ですね。

 

今日はその部分を詳しく解説していきます!

 

 

 

1.そもそも時間の無駄、後は取引時のトラブル防止の為

f:id:EC-Consulting:20190816232033j:plain

先に結論からいうと、コメントが入らないような商品ページなっているからです。

ですので実際の所、コメントが入るときは入ります。

 

しかし毎日30個ほど販売していて、一日に1件入るか入らないかです。

一般のセラーさんだともっとコメントが入ると思います。

 

なのでコメントが入る場合、商品ページに書いてある事を質問してくる人が99%です。

 

私は商品説明を読まない人とは取引したくないのでコメントを削除した後にブロックしてしまいます。(^^;;理由はただ一つで高確率で取引中に何かしらのトラブルになるからです。 

 

少しやりすぎではないかと思う方もいると思いますが、販売個数が一日100件近くになるととにかく不要なやりとりは0にしたくなります。

 

その時に数百円から数千円程度の利益の為に、自分の時間を相手に奪われるのはかなりの損失です。

 

それで済めばいいのですが、運営事務局に連絡されると自動評価が停止になったり短期間でそのような問い合わせが複数回入るとペナルティーを受ける可能性があります。

 

それなら初めから取引をこちらから拒否した方が結果的に時間とお金の節約になります。

 

この感覚は今は理解できなかもしれませんが、この教科書を読み進めていくうちにわかってくるはずです。

 

世の中である程度稼いでいる人はほぼ全員同じ考え方を持っています。目先のお金よりも未来の事を考える癖をつけていきましょう。

 

2.「即購入OK」という魔法のワードを使えば全て解決

f:id:EC-Consulting:20190816232211j:plain

メルカリ内では独特のルールがあります。

その一つとして、購入前に「購入していいか」を販売者に確認する事です。

 

なぜこのようなルールができたのかは不明ですが、メルカリでは一つのマナーとして定着しています。

 

なので商品説明に何もかかずに販売していると、高確率で購入希望者より「購入希望です」といったコメントが入ります。

 

しかしこのコメント、すぐに返信しないと大概のユーザーは別のとこで購入するか、購入意欲がなくなってしまい成約に至りません。

 

そしてやっかいなのが、購入希望のコメントが入っている状態では他のユーザーは気を使って購入しない方が多々あります。

 

結果商品を売るタイミングを逃してしまい、どんどん他の商品に埋もれていってしまいます。

 

 しかしこれを未然に防ぐ方法が、即購入OKと言うワードです。

 

ニックネームもしくは商品説明の中に入れ込むことでコメントせずに購入してもいいと言う意思表示になるので、前述の問題を解決できます。

 

お勧めとしては「テスト@即購入OK」のように自分のニックネームの後に入れると効果的です。

 

また商品説明の最初と終わりに、「コメントなしで即購入OKです。」と入れるとアピールすることができます。

 

これにより何もしなくても勝手にユーザが商品を購入してくれるので、商品の販売機会が増えることで売り上げを伸ばすことができます。

 

3.メルカリで売れているセラーは全員自動販売機を作っている

f:id:EC-Consulting:20190816232537j:plain

今お話ししたようにユーザに迷わず商品を購入してもらえるように即購入OKと言うワードが有効なことをお伝えしました。

 

これに加えて、購入希望のコメント以外にも他にユーザからサイズやカラー着用感等の質問が入らないようにするのも重要です。

 

そのため商品説明内に必要な事は全て入力する必要があるのですが、そうするとどうしても配送について、もしくは取引についての注意事項が入力しきれないことが多々あります。

 

そういうときのためにお勧めなのが、配送や取引についての注意事項、その他についての説明はプロフィールに記載することをお勧めしています。 そして商品説明には「購入前にプロフィールを確認してください」と言う文言を入れることで購入後に見てなかった知らなかったと言うトラブルを未然に防ぐことができます。 またこの部分についてもニックネームの後に「購入前にプロフィール確認」や「要プロフ確認」と入れることでプロフフィールの確認を促すことが可能です。

 

このようにユーザから事前に質問が出ないようにニックネーム商品説明プロフィールを使うことで、勝手にユーザーは購入してくれるのでまさに自動販売機のように商品を売ることが可能になります。

f:id:EC-Consulting:20190816232755j:plain

自動販売機には顧客対応という概念が無い



自動販売機は商品のサンプル(画像)が陳列されていて、サンプルを見れば商品の詳細(商品タイトル+説明)がわかるようになっています。

 

そして値段も記載されているので、ユーザーが欲しいと思ったらあとはボタンを押すだけですよね?これをメルカリで再現するのが理想です。

 

売れているセラーは全員この販売の自動化が非常に上手いです。

 

そのため商品説明の作り込みが重要になってくるのですが、この辺は商品知識がない状態だとユーザから最初のうちは質問が入ってくると思いますのでコメントが入ったらその質問に対する答えを商品説明に入れ込むようにしましょう。

 

初心者の方に特にオススメしているのが、自分が取り扱っている商品について受け答えが出来るように商品の公式サイトやその商品がどんなものかを事前にネットで調べておくことを推奨しています。

 

単に売れるから仕入れて販売するのではなく、事前に商品の特徴を知っておくことで破損のしやすさや不要の出やすさ購入するユーザの層などをリサーチすることができます。

 

これにより事前に購入後のトラブルを防ぐことができるので結果的に無駄な取引対応しなくて良くなるので時間の節約が可能です。

 

商品説明の作り方やキーワードの重要性についてはこちらの記事で詳しく解説してますのでこちらを参考にしてください。

 

 

www.tenbaibusiness.net

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

このブログが「いいね!」と思ったら是非「読者登録」をお願いします♪

 

ブログの応援クリックも山下剛の励みになります。

 ●お知らせ●

 実はメルマガを始めました!読者限定のノウハウを配信していきます♪20190823044636

読者登録がまだの方は無料なので是非登録をお願いします!

 引き続き今後とも山下 剛を宜しくお願い致します。^^