フリマアプリビジネスの教科書

フリマアプリビジネスで稼ぐ為に必要な情報を発信しています。

【悲報】Amazon・楽天・ヤフーショッピング転売はオワコン確定!月収100万超え現役セラーが暴露するメルカリ中国輸入転売がおすすめな本当の理由

f:id:EC-Consulting:20190816030748j:plain

こんにちは!

世間では「NHKをぶっ壊す!」が流行っていますが、今回は転売業界の常識をぶっ壊わしていきたいと思います。^^

 

現在物販を始めて間もない方は、メルカリを始めとしてヤフオクやラクマで不要品を販売する所から始める方が多いと思います。

 

そして物を売る事に慣れくる⇒初めて仕入れをする⇒商品が段々と売れるようになってる⇒さらに仕入をしてどんどん販路を拡大していく、、。

 

今この記事を読んでくださっている方の中にも現在まさにそういった方がいると思います。

 

そんなメルカリを初めとするフリマアプリ転売から一歩足を踏み出して、次のステップアップとして選ばれやすいのがタイトルにもある通り日本の3大通販サイトと呼ばれる

 

Amazon

楽天

Yahoo!ショッピング

 

ですね。^^

 

 

これらは転売を始めとする物販事業を拡大していく上では外せない存在、私も転売を始めた当初はAmazonにブックオフで買ってきた古本を転売するいわゆる「せどり」から始めたものです。

 

しかしちょっと待ってください!もし今あなたが販路を広げようとしているのなら一つ問題提起をさせてください。

 

「何故販路を増やす必要があるのですか?」と。

 

これに即答できますか?もし単に売上を増やしたいからとか、アカウントがもし停止した時のためのリスクヘッジだとかそういう理由なら一度考え直してみましょう。

 

 

販路を増やすメリットとデメリット

f:id:EC-Consulting:20190816031135j:plain

結論から先にいうと、販路を増やす事で単純に売り上げは伸びますが手間も増えます。

ここを考えていない人がとにかく多いです。

 

何を考えていないかというと、新しい販路に費やす時間と手間を今の販路に費やせばもっと売り上げは伸びないか?という事です

 

端的にいうなら、今の販路で扱っている商材のポテンシャルを最大限に引き出し切ったのか?これ以上売上が上がらない所まで努力したのか?

 

この問いに即答でYESと答える事ができるなら次の販路を開拓しましょう。

その場合、横展開で販路を増やす事で売上を最大限に伸ばす事ができます。

 

しかし、大半の方は「なんか売れ行きが最近悪いな、、〇〇の方が売れるし儲かるみたいだからそっちに出店しようかな」なんて理由がほとんどではないでしょうか?

 

そういう人は要注意です。

何故ならそもそも商品ページの作成能力が低い為に販売力が無いからです。

そんな人が他の販路に出店したからと言ってライバルに勝てるわけがありません。

 

まとめると、

 

●販路を増やすメリット

・売上が増える

 

●販路を増やすデメリット

・取引/仕入れ/在庫などの管理が増える

・商品ページを販路毎に作成する必要があるため手間がかかる

・1つの販路にかける時間が減る

 

このように実は販路を増やす事は、メリットよりもデメリットのネガティブな部分が大きいのです。

 

現在売上50万以下の人は無理せず1つの販路に集中すべき

f:id:EC-Consulting:20190816031257p:plain

今皆さんがどこの販路を使って商品を売っているかに関係なく、ネット物販で月の売上が50万円もいっていない人は販路を増やすべきではありません。

 

ここでいう販路を増やすというのは、Amazonや楽天、ヤフーショッピングなどのいわゆるショッピングモールに出店すべきではないという事です。

 

私が初心者の方にフリマアプリビジネスをおすすめする一番の理由として

 

・初期費用が0円

・不用品販売で資金を作れる

・業者がいないので売上が上げやすい

 

という理由があります。

 

なのでこの記事の答えを言ってしまうと、業者(法人)がほぼいないフリマアプリ市場で月に50万も売れないのであれば、業者しかいないモールに出店しても勝てるわけがないというのが本音です。

 

モールは本物のプロがひしめき合う厳しい世界

f:id:EC-Consulting:20190816031354p:plain

フリマアプリ市場でプロの業者がほとんどいない理由の一つとして、サービスの提供側が業者の参入を限定的または拒否している為です

 

メルカリを例にあげると、以前まではメルカリチャンネルという配信サービス限定で法人アカウントを取得する事ができましたが現在はサービス自体が終了となっています。

 

そしてラクマはそもそも業者利用はお断りです。

ヤフオクは例外的に業者の参入がOKなプラットフォームですが、素人が取り扱えない商品を扱っているショップが多いので、実質的に住み分けができています。

 

このようになぜ業者利用を不可としているかというと、個人向けサービスだからです。

 

一般のユーザーが気軽に不用品を売り買いできるよう特化したサービスのため、業者が参入してくると商品ラインナップに偏りが出来る上に一般ユーザーが離れてしまいます。

 

そのためネットショップでは通常提供される顧客データのCSV一括DL機能や、自動出品ツールなどの機能がありません。

 

なのでモールで販売している業者は参入しずらいというのがフリマアプリビジネスの最大のメリットです。

 

要するに販売しいる人の全体のレベルが低いのに、ユーザーは伸び続けており需要も多いというかなりブルーオーシャンな市場なのです。

 

このいきおいはまだまだ続くと思われますので今のうちにしっかりとフリマアプリビジネスで売上を作って販売力をつけることが重要です。

 

稼げる天井も低いが最も月収100万円を稼ぎやすいのがメルカリ

f:id:EC-Consulting:20190816031524p:plain

前述の通りネットショップ型のモールではその道のプロがランキングの上位を独占しています。

 

有名なメーカーですら最近は自社ネットショップではなく楽天市場などにショップを構える事が増えてきており、益々一般の個人では太刀打ちできなくなってきています。

 

Amazonでは中国人セラーが現地の数の力とコストの安さで日本人セラーを圧倒しています。

 

そりゃこっちは中国から仕入れた物を転売しているんですから、現地から直接卸値に近い価格で販売されたら勝てる訳がありません。

 

そしてヤフーショッピングに関しては維持費が無料な為、出店数がものすごくライバルが非常に多いです。

 

この中では一番売上が立てやすい市場ではありますが、マナーの悪い出品者も多くそれに伴いYahoo!側も規制を強めているので現在はアカウントがなかなか取得できません。

 

個人事業主ではなく法人でも審査に落ちている状況なので、ここは現状出店自体ができないと考えてください。

 

対策方法はあるので出店自体は条件が揃えば可能性はありますが、出店後も広告ありきなので資金が無い人は難しいです。

 

そんな中メルカリはフリマアプリ市場の中でもヤフオクを抜いてアクティブユーザー数が1位、年間の流通金額もトップです。

 

売れやすい価格帯が1000円以下と単価は低いものの、中国輸入と相性が非常によくて

ノーブランド品でもバンバン売れていきます。

 

例えばメルカリでよく売れているこの商品

f:id:EC-Consulting:20190816022658j:plain

メルカリでは1500円前後でよく売れています。

 

しかし中国の卸サイトでは9元(144円)です。

f:id:EC-Consulting:20190816022839p:plain

経費を諸々考えても、一枚売ってざっと1000円は手元に残ります。

粗利益率でなんと66%です。(物販は20~30%が平均)

 

このように販売単価が低くても恐ろしいほどに利益率が高く取れるのがメルカリ×中国輸入転売です。

 

モールでは単価が2000円や3000円のショップもありますが利益率は大体20~30%なので、利益額で言えば変わりませんしむしろこちらの方が多いです。

 

なので月収100万円を目標にした場合、モールでは最低400万円は売上なければいけない所、メルカリでは250万円で達成可能です。

 

しかもモールはプロばかりの中、メルカリ市場は90%以上が素人です。

これでどちらが有利かわかりましたね?^^

 

確かにモールは集客力もすごいので、月に何千万やそれこそ億以上売上げているモンスター級のショップがたくさんありますがそれはもう法人として組織化しているので、このブログを読んでいる人は対象外ですね。^^;

 

結論:ネットショップはオワコン⇒メルカリ転売が今一番熱い

と、いいましたが勘違いしないで欲しいのはネットショップが売れないのではなくて

実力も無いのにメルカリ⇒ネットショップに出店する流れがオワコンという事です。

 

以前に比べて格段に難易度が上がってきているので、これからは年商3000万円規模ならフリマアプリ転売が一番簡単に達成できるのでおすすめです。

 

会社員の副業、時間の無い主婦、勉強で忙しい学生の方ででも月収30万以上稼ぐ事ができます。

 

その稼ぐ為のノウハウはこのサイトで全て学ぶ事ができますので教科書として何度も読み返して頂く事をおすすめします。

 

とりあえず現状の売上に伸び悩んでいる方はこちらをご覧ください。

 

www.tenbaibusiness.net

 

 

www.tenbaibusiness.net

 

 

www.tenbaibusiness.net

 

 

www.tenbaibusiness.net

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

このブログが「いいね!」と思ったら是非「読者登録」をお願いします♪

 

ブログの応援クリックも山下剛の励みになります。

 ●お知らせ●

 実はメルマガを始めました!読者限定のノウハウを配信していきます♪20190823044636

読者登録がまだの方は無料なので是非登録をお願いします!

 引き続き今後とも山下 剛を宜しくお願い致します。^^