フリマアプリビジネスの教科書

フリマアプリビジネスで稼ぐ為に必要な情報を発信しています。

メルカリ/ヤフオクで月収100万円稼いでいる人は知っている、転売ビジネスで商品が売れる人&売れない人の差は商品説明のわずかな違いにあった

f:id:EC-Consulting:20190819000141j:plainこんにちは!

今日は商品説明についての話です。

 

と、ここであなたに1つ質問です。

 

あなたはメルカリで転売を始めて順調に商品が売れていますか?
1日にメルカリで何個売れていますか?10個、いや5個、もしかして1つも売れていない日があるなんてまさか無いですよね?^^;

 

 

すみません、ちょっと煽ってみました。笑

 

この記事を読んでいると言う事は、メルカリで思うように売れなくて悩んでいますよね?

 

もしくは、「メルカリ転売に興味はあるけども売れる人の傾向と売れない人の傾向を事前に学習しておきたい。」そんな所だと思います。^^

 

今回は、売れる人売れない人の差は商品説明にあるといった内容で解説していきたいと思います。

 

今日の内容は、メルカリ転売に限らず商品を販売する上で必須のことをお話ししていきますので、現時点でフリマアプリビジネスをやっていない方、ネットビジネスすら始めたことがない方にも必見の内容となっております!

 

 

売れない原因①商品説明ににじみ出るあなたの売りたい欲求

まず、転売を始める=商品を販売するということです。

なぜ転売をするかというと、自分が相手に商品を提供して利益を得たいからだと思います。

 

それ自体は何ら悪い事はありませんが、大事な事は

相手からお金と言うバリュー(価値)を頂くにあたり、こちらも同等以上のバリューを与える必要があると言うことです。

 

正確に言うと、

金銭に見合う価値を提供すれば問題ないのですが,、これができていない方が非常に多いです。

そしてものが溢れている現代で、単純に商品に見合う価値だけを提供すれば商品が売れるかというと、そういう時代はもう終わりに近づいています。

 

これからは商品の価格以上の付加価値を相手に提供できなければ生き残ることができません。

 

よくある商品説明の1つとして、ひたすら商品のスペックや特徴をつらつらと書いている商品ページがありますが、それでは売れないのは当たり前です。

 

また、過度に安さをアピールしたりお得感を演出しようとして不要な絵文字・記号の乱用をしてる人がメルカリで特に多いのですが、安っぽくて信用が低下しますのでお勧めしません。

 

特にメルカリを始めとしたフリマアプリビジネスでは、この辺を理解していないユーザが多く、とにかく自分は安く販売しているので買って欲しいと言う気持ちが商品説明からもにじみ出ています。

 

こういった自己中心的な商品説明は相手からすると何かを奪われる気持ちになり、この人から購入するメリットが見出せず同じものを販売している別の出品者か、もしくは類似品に流れてしまう結果になります。

 

少し難しい言い方をすると「商品は売ってはいけない」と言うことです。

 もう少し噛み砕いて説明すると「売り込まない」ことが重要になります。

 

 

売れない原因②購入するメリットを相手に明確にしてあげる

 インターネットで商品を購入する際に、よくアマゾンや楽天市場Yahoo!ショッピングを利用する方が多いと思います。

 

この時あなたは購入したい商品が決まっている場合、その商品名をダイレクトに検索キーワードで検索すると思います。

 

そしてその商品が複数表示された場合どこを見るでしょうか?

1つは値段、そしてもう一つはレビューではありませんか?

 

この2つはお得感と信用と言う面で、ネットビジネスで商品を売る時は外せない2つの要素となります。

 

そして多くの方はこの値段とレビューを見て購入しています。

 

そして物販であればその商品はいつ届くのか?も重要です。

AmazonであればPrime便、楽天であればあす楽など現在では購入した翌日に商品が届いたり、発送される事が当たり前になっています。

 

この辺りも購入者はよく見ているのでひとつの購入を検討する要素となります。

 

これをメルカリビジネスで例えるならば、レビューはあなたの評価になります。そして発送についての詳細も商品説明にわかりやすく書くことが大事です。

 

例えば、同じような商品が2つ並んでいる場合、同じ値段であれば評価の件数が多く評判の良いアカウントの方がより有利です。

 

発送についてもそのアカウントの方が早ければまず間違いなくそっちの方が売れます。

 

しかし、メルカリビジネスを始めたばかりの方は評価も少なくそういった点では不利になります。

 

ではどうすればいいかと言うと、ライバルよりもサービス面で上回れば良いのです。

 

例えば価格は10円安く、そして商品説明に返品交換に対する補償の説明、そして納期についての説明を詳しくはっきりと書いてあげることで相手に安心感とお得感を与えることができます。

 

要するに「あなたは私から購入することでこれだけのメリットがある」と言うことを商品説明に記載してあげれば相手に伝わります。

 

大切な事は商品の大きさサイズなどのスペックを説明する事ではありません、それは商品説明における最低条件です。

 

例を挙げるなら

・商品の発送日を明確に。
・商品に初期不良があった場合は迅速に無償で交換する。
・次回リピートしていただいた場合には10%オフで商品を提供する。

等は効果的ですね。

 

これだけでも購入する側からすると、

・商品に万が一不良があった場合にも対応してくれる
・他にも欲しい商品があった場合10%引きで購入できる
・発送日がわかるので予定を立てやすい

と言うことで、購入するメリットはたくさんあっても購入しないメリットはありません。

 

売れない原因③顧客目線の商品説明になっているか?

インターネットで商品を購入すると言う事は、インターネットで商売をしている側からすれば当たり前の事ですよね?

 

ですがいち消費者側の目線に立つならば、まだまだインターネットで購入すること自体に抵抗を持っている方は少なくありません。

 

ましてやクレジットカードすらいまだに怖くて持てない方もたくさんいらっしゃいます。

 

しかしそんな方々でもスマートフォンが普及したことで、フリマアプリを使って商品をする機会が増えているのも事実です。

特に小さなお子様がいる家庭では「子供用のプレゼント」として購入される方もいます。

 

今後はそういった層がどんどん増えてくるので、インターネットリテラシーが低い層にも安心して購入してもらえるような商品ページを作り込みを意識しましょう。

 

インターネットで商品を買う事に抵抗がある理由

こういった層が何を考えているかを理解しなければいけません。

・その商品は商品説明通りの商品なのか
・商品の状態は本当にその説明通りなのか
・商品はいつ発送されるのか
・そもそもちゃんとした状態で届くのか
・万が一不良があった場合はきちんと対応してくれるのだろうか

こういったことを1つずつ潰していくことが制約につながる第一歩です

 

ここをきちんと押さえた上で前述の通り、自分自身から購入することによるメリットを相手に提示することで相手は安心して商品を購入することができます。

 

特にメルカリを始めとしたフリマアプリビジネスでは、個人が個人に商品を販売するので会社形態とは違って取引を不安に思う方が多いです。

 

転売で売り上げが高いセラーたちは、ここをよく理解しているので商品説明がとてもわかりやすく簡潔にそして安心して購入できるページになっています。

 

転売で売れている人の商品ページはどんなものか?

 では具体的に売れている人の商品説明はどういったものかを見てみましょう。

※全体を載せるとかなり小さくなるので、一部カットしています。

 

 ◎いい例

f:id:EC-Consulting:20190818232712j:plain

区切り線が合って見やすく、細かく記載されていてわかりやすい

 

このように商品の詳細が細かく書かれています。

区切り線があって見やすいですね。^^

 

また、リピート特典なども最後に書かれていたり、複数購入したい人には専用出品(その人専用の商品ページを作る事)をするという説明もあるので、不要なコメントが入りません。

 

これは理想的です。

 

次に、売れない人の商品ページを見てみましょう。

×悪い例

f:id:EC-Consulting:20190818233117j:plain

区切り線が無いので見ずらい上にキーワードの羅列が多い

こういった商品ページはよくみるのですが、何が悪いか説明しますと

・区切り線が無く見づらい 
・キーワードの羅列※規約違反です。
・注意がきに自分都合の理由が入っている

 主にこのような点が挙げられます。

 

 

 

このように自分中心の考え方が多いのが特徴です、海外製なので品質は劣るとかそういった事は購入するがありに何のメリットもなく不安感不信感しか与えないので絶対にやめましょう.

 

購入する側に立ったときに「この人は不良品を送ってきても海外製なのでしょうがありませんと言い訳をするのではないか」と思われてしまいます。

 

第一に、出品者が少しでも商品を見てもらいたいために不要なキーワードが羅列されていて、非常に読みづらいです。

 

そしてキーワードの羅列は規約違反なのでスパム判定を喰らいます。

このあたりは規約を理解していない人が多いです。

 

Twitterを見ていると、メルカリにアカウントを停止させられた人の文句の書き込みが沢山あるので、私がリツイートして的確に解説しています。笑

 

最近はまっているので是非見てください。^^

 

まとめ:ユーザーからの小さな信頼を積み重ねることが大事

 いかがだったでしょうか?

少しわかりにくい部分もあったかもしれませんが、この記事で伝えたい事はただ1つ。

自分自身が購入する側に立ったときにこの1から購入したいと思えるかどうかです。

メルカリ転売の場合、商品説明に入力できる文字数制限は1000文字です。

この1000文字の中でどれだけ相手に価値を与えることができるか、そして安心してもらえることができるかそこだけを第一に考えて商品ページを作っていきましょう。

 

こういったことを言うと、「商品説明のテンプレートをください」と言ってくる方が一定数出てくるのですが、私はお勧めしません。

 

というのも、それは結局の所ノウハウ頼りになってしまって商売に対する構え方が「自分が儲かればそれでいいと言う考え」だからこそテンプレートを求めるからです。

 

見やすく読みやすい書き方と言うものは存在しますが、売れる商品説明というのは結局の所いくらテンプレートを用意したところでそれは商品説明以外の部分で現れてきます。

 

それは商品画像であったりプロフィール文そして取引対応です。

 

考え方のところで理解していないと結局のところ評価や評判と言ったところで自分に跳ね返ってきます。^^;

 

ネットビジネスで稼ぎ続けることができる人、そして一瞬稼いで撤退していく人。さらにそもそも稼げない人この違いは、今回説明した顧客目線に立っているかというところが理解できているかどうかと言う少し抽象的ではあるがわずかな違いからです。

 

このフリマアプリビジネスの教科書では、簡単に実行できるノウハウの部分から、こういった商売に対する考え方まで幅広く網羅していますのでぜひブックマークをして読み進めていくことをお勧めします!

 

これから転売で稼いでみたいと言う方、既にメルカリを始めとしたヤフオク・ラクマなどで転売をしているが全く成果が出ていない方は、今の自分と何が違うかをこのサイトで書いている記事と見比べてみてください。

 

きっと何かの気づきになるはずです。^^

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

このブログが「いいね!」と思ったら是非「読者登録」をお願いします♪

 

ブログの応援クリックも山下剛の励みになります。

 ●お知らせ●

 実はメルマガを始めました!読者限定のノウハウを配信していきます♪20190823044636

読者登録がまだの方は無料なので是非登録をお願いします!

 引き続き今後とも山下 剛を宜しくお願い致します。^^